活動報告書・会計報告書

2007年

会計報告書 (2006.09~2007.08)

日蘭シルバーネット会計報告 (2006.09~2007.08)

≫ 続きを読む

会計報告書  2007/09/07  Staff

活動報告 (2006.09~2007.08)

新年度を迎えるに当り、日本への帰国や他の理由から10数名の去っていった会員も含めて100名を超える人達がこの会に加わった事になる。 沢山の特技を持つ人達に支えられて、多方面での活動が実践できた喜びは大きい。今年度は臨床心理学から見た老いへの考え方、 指圧の効用、介護実践など多くの勉強の機会もあった。一方この会の持つ路線の充実を図る努力はまだまだ必要とされるが、 その基盤としての賠償保険加入、実際に会員同士での援助活動開始などの進歩も特筆すべきといえる。 ところで、この年のモットーとした、 ”私達の為の私達で築く会” に少しは近づけたのだろうか? 地区での活動も含め、2回目のバザーの大成功がこのモットーの成果ともいえるが、 来年度は活動全般に渡ってこの姿勢が浸透する事を祈りたい。

活動カレンダー

ホームページの会員専用ページ開始

9月2日(土):第一回役員会 会員の投票により近藤さんデザインのロゴ決定

9月19日(火):訪日中の役員の一人、当会を代表して佐倉日蘭協会を訪問
お互いの組織を説明し、今後の情報交換の可能性について、本川氏を含む4名との面談となる。 11月に本川夫妻のオランダ訪問の折にご挨拶を兼ねて役員数名と短時間だが面会が実現する。

9月18日(月):東部茶話会:中華レストランにて
名称を「東部フレンズ」とする。東部会員宅を毎回持ち回りで訪問して、親睦を深めるとともに、 緊急時のヘルプも考慮して住まいを確認し合う
日本の中国新聞に、当会を紹介した記事が10月24日付けで掲載

9月22日(金):傾聴ボランティア講座(岩崎講師宅:城さん日本から参加)

9月23日(土):西部茶話会:富田さんを講師に文芸(短歌、俳句)勉強会

10月7日(土):第9回総会:前年度の活動報告、会計報告、今年度の企画紹介
大手術を受けた坂本さんが見事な回復をし、励ましへのお礼の挨拶
5・6月にバザー開催決定、東さん、田中氏が委員長、副委員長を受諾
"私達の為の私達で築く会“を今年度のモットーに。  会員数69名。
難波氏緊急入院, その後綿貫さん(非会員=介護士)を中心に経過を見守る

10月23日(月):神奈川県社会福祉協議会視察団の依頼を受け、 平さんと役員二人で約25名の団体とワセナーのホテルにて懇談

10月28日(土):岩崎氏(当会アドバイザー)の講演会
題目:老いの神話とQuality of Life-臨床心理学の視点から

10月30日(月):第一期傾聴ボランティア講座最終回(城さん日本から参加)

11月4日(土):南の会:チョコレートボンボンのワークショップ

11月11日(土):西部茶話会主催にて宮下氏の指圧教室
この後宮下氏を会員として迎え、かなりの会員増となる

11月18日(土):コンピューター入門教室;浅生さんの事務所にて、浅生さんを初め数人を講師として開催

11月25日(土):東部フレンズ:難波氏宅訪問=手術後の全快祝い+昼食会

11月:かわら版第8号発行

12月9日(土):西部茶話会

12月17日(日):東部忘年会

1月6日(土):第2回役員会12:00-17:30
ホームページの英語版開設

1月11日(木):東部会員宅訪問 餅つき昼食会(八鍬さん宅)

1月14日(日):合同新年会:松永さんの司会、遠山氏による津軽三味線演奏

2月6日(火):JCCより助成金の話が持ち上がり、 依頼訪問する(事前に活動内容、会計報告書などを含む依頼書作成)、が3週間後に難しいとの返答

2月10日(土):西部茶話会:バザー出店用の和風小物、カード作り

2月11日(日):東部フレンズ(ファン・フリートさん宅=音楽会)

3月3日(土):西部茶話会:バザー用、和風小物作り

3月末日本への本帰国を決心された一会員の特殊な事情を考慮して、 特例として送別の寸志を呼びかける。有志22名から695ユーロを銀行経由にて送る。 3月19日帰国前のご本人へ送金の詳細を伝え、カードを渡し将来のお幸せを祈る。c
3月7日(水):東部フレンズ:(竹中さん宅=バザー用カード&小物作り)

3月31日(土):西部茶話会:バザー用小物作り
第3回役員会

3月:かわら版第9号発行

4月2日より会員全員を含めた賠償保険加入(1年毎の更新)

4月18日(水):東部フレンズ、(ペータースさん宅)

4月21日(土):介護士の資格を持つ久保田さんと平さんを講師として介護実技ワークショップ開催

5月12日(土):エンゲルさんの傘寿お祝いのお誕生会

5月17日(木):東部フレンズ (スミッツ幸子さん宅)

6月2日(土):十数名にて午後中古品の搬送、値段付け等バザーの前準備

6月3日(日):第二回バザー
領事ご夫妻を始め会員、非会員約80名の協力の下、ほぼ500名の参加と4000ユーロを超える売り上げとなる。 アムステルフェーンの市長、新聞社の訪問あり、市のサイトにても紹介される

6月より、お元気ですか、の電話網に山本(マキ子)さん参加

6月9日(土):第10回総会:27名の参加にて自由談話を中心に。会員総数86名

6月28日(木):南の会、高齢者施設訪問

6月29日(金):保険会社と役員3名で契約条項内容の確認

7月:かわら版第10号発行

7月より坂本さんへお元気ですか、の電話連絡開始

7月:会員同士での相互援助が始まる
外からのボランティア申し出も受ける

8月19日(日):東部フレンズ(近藤さん宅)バーベキュー

8月:財団設立の折には評議委員を受けて頂き、2年半に渡って会の行事に沢山参加して頂いた 桑原領事が離任となり、会員としてご協力頂いた夫人と共に9月7日オランダを発たれる事になる。 後任の園部領事のご紹介など、最後までご支援して頂く。
 

文責:ファンサンテン

≫ 続きを読む

活動報告書  2007/09/01  Staff

2007年6月3日 バザー会計報告書 

2007年6月3日 バザー会計報告書

≫ 続きを読む

会計報告書  2007/06/03  Staff

Copyright © 2005 - 2017 Nichiran Silvernet Foundation.All Rights Reserved.
当サイト内の記述またはその一部を、許可なく転載することを禁じます。

▲TOP